寝室の床にはいつもクローゼットに入りきらない物がとりあえず的にあちらこちらに置いてあります。さすがにこのままじゃ良くないので片付けようと思ったんですが、クローゼットやタンスの中はすでにパンパンな状態です。なら最初にまず何年も着なかった洋服や部屋着を処分してしまおうと選別をはじめたんですが、ここからがなかなか進みません。もう生地がクタクタになっている部屋着用の服でも、着られるのだからどこか外国の貧しい人達に寄付できないかとか、もう少し着てからハサミで切って雑巾にしようかなどと考えてしまい、捨てるという決断ができません。世間では断捨離という言葉が浸透しているのにすっかり乗り遅れてしまっています。古い人間みたいですけど、物は大事にしなきゃいけないというのが染み付いちゃっているんでしょうか。かといって上手く収納して生理整頓というのもとても苦手です。何か大きなきっかけでもあれば思い切って捨てるという決断ができるのでしょうか。結局今日は穴の開いた部屋着を1枚捨てただけでした。

母の日が近づいてきたときに、私は仕事で海外にいました。
「あ、お花を頼むのを忘れていた!」と焦ったのですが、本当にインターネットは便利です。
インターネットで花キューピッドに申し込んで、母にお花を届けてもらうように頼むことができました。
どういうわけか、私の頭の中では、「日本のサイトから何かを買うことは、私が日本にいるときしかできない」と思い込んでいたので、海外にいても、日本のサイトから買い物ができるということは、とても新鮮でした。
もし、物を海外に送って貰うなら、無理だったり手数料などがかなりかかるのだと思いますが、日本国内に送ってもらうなら、全く問題がないことを知りました。
それにしても、本当に便利な時代になったと思います。
海外にいるあいだも、LINEで日本の家族や友達と電話をすることができます。
しかも通話料がかからないのです。
スカイプを使えば、相手の顔を見ながら、無料で話をすることもできるので、便利な時代だなぁ、と痛感します。キャッシング 人気 在籍確認