最近どうもご飯を作るのが面倒になってきてしまった専業主婦5年目の私です。
まだ5年目なのに今から面倒といっていたら先が思いやられますよね。
料理が面倒と思う時期と、やる気満々で手の込んだ料理を作りたくなる時期が交互にやってくるんです。
今はダメな時です。
下拵えをするのも嫌だし、料理も簡単なものしか作りたくない、後片付けもやりたくない。
困ったもんです。
なぜそんな気持ちになってしまうのかは謎ですが、どうしようもありません。
そんな時は一回の料理で大量に作って、残ったものは冷凍しておくと、後で楽できます。
パパのお弁当も毎日作るので、そういうストックもとても大事です。
毎日パパの帰りも遅いので、前まではパパが帰ってきてから作って出来立ての物を、と思っていましたが、それをやっていたら私が体調を崩してしまったのでやめました。
頑張りすぎも良くないですよね。
これからまだ何万回とご飯を作らなきゃいけないので、無理のない程度に頑張りたいと思います。
何よりもまず健康である事が大事ですよね。

アフリカのことなどについて学校しました。欧州の植民所であったアフリカの大半は、第二次戦後に相次いで一本立ちしました。しかし、国境が人工に画定された結果、国のエリアと種族・民族の在宅区域とが適合せず、対立・トラブルの原因となっています。たとえば、スーダンは実権を握る北部のイスラーム関わりアラブクライアントと、分別・一本立ちを探し求める南部の非イスラーム系の黒人との間で、内戦が20歳限り続きました。南部は2011歳に南スーダンとして一本立ちしましたが、地域の情勢は依然として不安定だ。一方、ルワンダでは1973歳のクーデターで多彩民族のフツ族に政権が変わり、ツチ族との間で内戦となりました。これらの内戦では多くの死者と難民を出しています。このように、人種・種族時分の対立には重いものがあり、征服は容易ではありません。種族ごとに一本立ちするのがよいのか、それとも多種族との共生は可能なのか、種族対立のキャリアを強く考察してみたいなと思いました。

我々は、20年齢のカレッジ2年生だ。

一方、付き合って1年代幾分に達する女房は30年齢だ。

我々と彼氏には10年齢の生年月日差があり、たまにはジェネレーションギャップを映ることもあります。

しかし、我々と女房には自家用車贔屓やモータースポーツ活動をしているという、共通の道楽があります。

我々は小学校の場合人前科視聴で、マイカー工場に行ったことがきっかけで、自家用車に興味を持ちました。

それから、家族でカー競争を視聴に赴き、私もスペシャリストレーシングドライバーになろうと決意して、近頃に至るまで約10通年競争活動を続けていらっしゃる。

一方女房は、幼い時からとにかぬ足がオススメスポットで、自家用車の資格を食べる事前でも結構運転したくて、レーシングカートを購入し、サーキットで乗っていました。

そして、私も女房は近所のカートクラスで出会ったのです。

出会ったシーン、我々は8年齢、彼氏は18年齢だった結果、我々にはぜんぜん会った記憶はありません。

しかし、以前に友人の紹介で、我々と女房は知り合いました。

それから、個人的に連絡を取ったり、2人で出かけたりした結果、3年代ほど前から告白されていて、どうにか我々が可したという感じです。

あんな女房とは1年代幾分ほど続いていて、お互いに結婚式も考えています。

我々は未だに生徒なので、カレッジを卒業したら同棲始める予定だ。

そういった女房と今夏に、2人で競争潜入できることになりました。

初の2人での潜入になりますが、意気揚々なのでだいぶ楽しみです。

いつまでもこうした幸せなつながりを続けられるように、これからもお互いのことを見なし試したいと思います。銀座カラー 予約