英のEU撤退の市民投票は項目ですごい反響でしたね。あたしは政治系の項目とかは興味ないのですが、朝から夜の項目でトップニュースで伝えていましたから嫌でもこういう項目を目にします。英の苦しみなのですが、全国も大幅に株価減衰や円高になってしまっていたので投資している第三者にとっては忘れられない一日になったのではないでしょうか。

こんな気合冷めやらぬ英国内ではすこぶる市民投票手直しを欲する自筆が350万目的集まったとの事です。残留派よりも撤退派で投票した第三者が英のEU撤退が国の核に拘わる事件だと気が付いてやり直しアクションが盛り上がっている。

とっくに英国内では選挙の余波で本国通貨のポンドが大幅に下落して、市場も値下がりし環境は深刻な時機となっています。何も考えずに流されて撤退票を投じた第三者もいるのでしょうが、事の大きさを素肌で感じ取ってやばい事をしてしまったと思われている人も多いのかも知れません。

それにしてもこんな国の核に拘わる事件を議会ではなく市民投票で決めるとは怖くも感じます。国民の代表です議会を無視して直接市民に伺うた実績、混乱を助長させるとは民主信条のデメリット性を露呈した姿となりました。

WEBの保守について学業しました。知り合いの事情の保守とともにコンピュータの動きも年々向上し、多量の案内を扱えるようになりました。知り合いの事情の保守は、伝言インフラ(インフラストラクチャ)の保守ともいいます。再び高度な案内収斂アビリティーが実現されたので、様々な案内がコンピュータで利用できるみたいディジタル化されるようになりました。たとえば、文章や結果といった案内の他に、写真や響きなども簡単にコンピュータで利用できるようになりました。また、写真などは静止イラストレーションから音声に、限られた彩りから多色に、平面写真から3状況写真に至るなど案内の表現力がさまざまになりました。案内収斂アビリティーは、見識をコンパクトにして取り扱うアビリティーのことです。コンピュータで向き合う案内は、結果や文章列などコード化(符号化)された案内が中心でした。WEBについて、知らないこともあったのでますますWEBについて勉強したいなと思います。